bluen

記事一覧(67)

偶然、同じ曲、同じ年齢…!?

お一人は中学生の男の子、東京都在住。もうお一方も中学生の女の子、岡山県在住。偶然、同じ年齢のお二方の生徒さんが別々にレッスンに来てくださいました。同じ年齢だけでなく、なんとコンクールで演奏する曲も同じ!これはすごい偶然!引き合わせるしかない!と勝手に思い、(*'∀'人)お二方にご相談したところ、是非!と喜んでくださり、レッスンを前後にして。二人で弾き合いをしました。男女ということもありますし、同じ曲なのに、当然ですが全く!違う。それぞれの素晴らしい個性でした。岡山と東京、違う場所、環境も違う中でも同じ曲を練習していて、こうしてルオントでご縁があり、そのきっかけとなれて嬉しく思いました。生徒さん二人もお互いに大変刺激になったようで、ご本人にもお母様方にもとても喜んで頂きました。東京の男の子、とってもニコニコ笑顔が可愛い、演奏をしたら人が変わったように入り込む彼は、誰もが知っている有名中学に通われているそうで、お勉強も頑張っているそうです。素晴らしい!お父様は声楽家で、音楽大学の先生だということもお聞きしました。ピアノと声楽、親子で演奏できるのは素敵ですね!驚いたのは、某有名女優さんとクラスが一緒だったと話を聞き、ちょっとミーハーながら興奮してしまいました。( ゚д゚)可愛いらしいです(*゚▽゚*)♡もう一人の女の子も、笑顔が素敵で柔らかな雰囲気、とっても繊細で知的な演奏をされる女の子。びっくりするほど二人の笑顔が似ている!兄妹?!と思うほど、可愛らしい、柔らかな二人。またいつか二人の会う機会があれば良いなぁと思ったのでした。

大人の交流会

7月に大人の生徒さんだけで交流会をしました。演奏は、エリーゼのためにやハナミズキなど皆さんそれぞれが思い入れがあったり、お好きな曲で演奏してくださいました。子どもの頃以来…!緊張する…!と言いながらも、堂々と演奏されました(*^_^*)誰もが知っている曲を弾いてだったので、聴くのも楽しんでくださったようです。少しだけ私も演奏させてもらい、お茶をしながら、お仕事や趣味の話をしました。普段話す機会のない生徒さん同士、年齢も違いますが、音楽が好きという共通の思いで繋がる仲間は貴重ですね。大人の交流会、楽しんでいただけたようです(^-^)大人の生徒さんは特に、音楽が好き、ピアノが好き!という方ばかりなので、本当に楽しそうに、心のこもったピアノを弾かれます。音楽から純粋な愛情を感じます。レッスンでも、その愛情に溢れた音に癒され、元気をもらっています。皆さんの音を聴きながら、ピアノ室から見える山の緑と空の青を見るのが、密かな癒しです(*´ー`*)時々、皆さんの音に感動して、目頭が熱くなったりしているのはここだけの話…。皆さんの純粋な音に、初心に帰ることが出来る気がします。今回は都合で来れなかった方もいらっしゃるので、次回は仲間が少し増えることを楽しみにしています(*^_^*)大人のレッスン、募集中です♪好きな曲で、ご自分のペースで、ピアノを弾いてみませんか?(^^)

連絡が取れない( ;∀;)美観地区で…

暑い暑い夏の日、倉敷の美観地区に行ってきました。高校からずっとずっとお友達であり、ピアニストの友人に、倉敷を応援しようということで誘ってもらい、大原美術館へ行こうとしたのですが…いきなりハプニングが…!!( ̄O ̄;)倉敷に着いて観光をしているであろう友人に、着いたら連絡してね!と言われていたので、無事約束の時間の少し前に着き、連絡したのですが、なぜか繋がらず。あれ?観光に夢中になってるかな?とぶらぶらしながら時間を潰しつつ、何度か電話したのですが、まだ繋がらない。よっぽど夢中なのかな?と思いつつ、とりあえず車に戻り、あまりあちこち行くと余計にはぐれてもいけないかなと思い、待機することに。そして30分以上経ったところで、あれ?おかしいぞ。と思い始め。その日の朝、まさかね、携帯忘れて会えない、なんてことになるわけ…ないよね!笑なーんてよぎったことが、本当になったのか?!?!とドキドキし始めたところに、携帯が鳴り。友人の携帯「もしもし?」私「あ♪   〇〇?( ̄ー ̄ )♪」さては、マナーモードにしていて待ち合わせの時間を過ぎたことに気づき、慌てて電話しきてきたのか?(≧∀≦)と笑いながら電話に出たら、「〇〇の母です(^^)」と( ̄O ̄;)友人〇〇のお母様でした…!(>人<;)笑いながら、しかも馴れ馴れしく出てしまった… (〃ω〃)と一人赤面しながら(恥)、よくよく話を聞くと、「〇〇が携帯を忘れて行っているようで…ごめんなさいね」と…!朝よぎったことが本当になってしまった!!と思って自分にびっくりしつつ、大原美術館に行きたいね、と話していたことを思い出し、お母様にも御礼を言って、なんとか探すしかない!とりあえず、大原美術館へ!と向かったら、あっさり、入り口で途方に暮れている友人を発見!良かったー!♪大原美術館や倉敷国際ホテルでの棟方志功の作品などに触れ、まだまだ暑い夏の日だったので、美味しそうな桃パフェを堪能しました(*´꒳`*)ピアニストとして、ピアノ講師として活躍している友人。近況報告や情報交換をして、有意義な時間となりました。いつも笑顔と元気をもらえます。ありがとう!お茶しながら、お散歩しながら、いろいろな話ができて、夏の一日を楽しく過ごせました。

西日本豪雨から2カ月が経とうとしています

7月の西日本豪雨、私達の住む岡山にも甚大な被害をもたらしました。もうすぐ2カ月経ちます。以前勤めていた場所、また友人知人も被災され、若くして命を落としてしまった知人もいます。自然の猛威、被災された方、テレビに映る信じられない景色、とても他人事とは思えず…何か出来ることはないか、いや、それぞれ個人が支援していくことだろうか、など様々な葛藤がありましたが、私がお声がけすることで、きっかけになったり、微力ながら力になれたら…と、思い切って生徒さんに声をかけさせてもらうと、あっという間に普通車にいっぱいになるほど、予想以上の物資が集まりました。中には思い出のランドセル、制服などを譲って頂いた方もいらっしゃり…皆さまの迅速な対応により、豪雨から1週間経たず物資を届けることが出来ました。突然のお声がけにも関わらずご協力頂きまして、心より御礼申し上げます。生徒さん達にも、当たり前にお家があって、ご飯が食べれて、ピアノまで弾けること。これは、世界中を見ても、当たり前ではないんだよ、当たり前に出来るということは、とっても幸せなことなんだ、という話をしました。きっと子ども達も何か感じてくれていることと思います。いつ起こるかわからない災害への対策、準備も大切なことを痛感しました。そして、いつでも助け合いの気持ち、思いやりを忘れずにいたいと思います。

ユニ 生後4か月

兄弟猫、メル(グレー MIX 雄 1歳4ヶ月)、モルン(白 MIX 雄 1歳4ヶ月)は、保健所から処分寸前でボランティアさんより助けられ、縁があってうちに来ました。(ピアノ室にはいません(*^^*))そして、この夏、茶トラの『ユニ』も家族として迎えることになりました。ユニは公園のトイレに捨てられていたようで、ボランティアさんの元から別のご家族の一員として、もらわれて行ったのですが、残念ながら、先住猫ちゃんと折り合いが合わなかったようで、、、泣く泣く手放され・・・もしうちのメルモルンが受け入れてくれて、仲良くなれそうであれば・・・と、少しの間トライアル期間として一緒に過ごしたところ、あっという間に仲良くなり(・。・)こちらの心配はよそに、拍子抜けするほど、仲良くあそんだり、プロレスごっこしたり、一緒に寝たり、毛づくろいし合ったりしていて。家族として迎えることになりました。ますます、毎日のお掃除に精が出ますね。(ΦωΦ) (((((((((((っ・ω・)っ ところで、『ユニ』という名前。音楽用語に関係しているのですが、名前の由来、わかりますか?(゚∀゚)わかったらレッスンのときに教えてくださいね。もし正解した生徒さんがいらっしゃれば、ごほうびシール3枚プレゼント!!笑※ ピアノ室へお入りいただくのに猫ちゃんに会うことはありませんので、  苦手な方、アレルギーの方もご安心ください。

ヨガ、アロマハンドマッサージ?!ブラームスの会〜作品118-2

教室に通ってくれている、大学生、講師デビューした生徒さんなどで、行っている、〇〇の会。毎月行っているのですが、先月も行いました。先月はブラームスの会。それも、お題は作品118-2と決めて。普段は、割と派手好きな皆さん(?!)なので、こういう時でなければ選んでくれないだろう曲をお題にしてみました。名曲中の名曲。作品118の中でも、人気が高く、単独で演奏されることも多いです。テンポは遅く、噛み締めるように、人生を懐古しているような、愛情深い曲です。生徒さんには、脱力と重さ、身体の使い方、音の出し方、操る方法、呼吸法など、伝えてきていますが、この曲をきっかけにして、それらをより深めてもらいたい、この曲であれば、それらも取り入れやすいのではと思い、いつもと違った視点からのブラームスの会でした。具体的には、●同じ曲、ブラームス 作品118-2を一人ずつ演奏。●皆さんが練習で気づいたことや感想など、全員で意見交換、シェアします。●その後私から、少し解説を。ブラームスの人物像や過去作品から読み取ることが出来る、宗教と音楽の関わりなどから、楽譜を丁寧に紐解いていきました。●レッスン。●呼吸法。呼吸だけの練習です。●ヨガで身体をゆるめます。●恒例のティータイム近況報告したり、他愛もない話でのんびりします。(欠かせません。♪(´ε` ))●最後に。。。失敗のアロマハンドマッサージ( ;∀;)あちゃーオイルを間違えてしまいました。。。ガーン!次回こそトロンとしたオイルを!!リベンジさせてくださいね!手を酷使している皆さん、ペアでマッサージ。意外とキツめがお好きなようで!笑今回は、曲についてはもちろんのこと、呼吸、体の使い方(緩め方)、癒しなどをキーワードに行なった会でした。音を出す時に、「脱力」とよく言いますが、脱力とはなんでしょう?本当にだらーん、ぐにゃぐにゃでは、音が出るはずもありません。呼吸法も音楽を作る上では必要不可欠です。フレーズごと、途中で呼吸するだけでも、本当は足りません…ではどうすれば・・・などなど・・・書ききれないので割愛致しますが、それらに、丁寧に、アクセスしていきました。それらを、ずっと持ち続けてくれていれば、少しずつ、皆さんの音は変わっていくことでしょう。皆さんの変化が、これからも楽しみです♪最後に、皆さんの感想です。気づきも、驚きも、喜びも、ここはみんな苦手なんだね、なんてことも、笑、シェアすることで、知る喜び、楽しさは何倍にもなりますね。

アンサンブルは楽しい♪ヴァイオリンの魅力

ピアノを教えることは私の最もしたいことの一つですが、他の楽器と一緒に演奏することも楽しいものです。「伴奏」というと、主役ではないように思いますが、本当は一緒に作り上げる共演者。今年も、合唱、ヴァイオリン、クラリネットなど様々な楽器と一緒に演奏させて頂いています。人の声もヴァイオリンもクラリネットも、だんだん広げたり、息を吹き込み膨らませることができますが、ピアノは鳴った瞬間から減衰していく楽器です。それをいかに膨らんでいるように聴こえさせるのか、他の楽器といかに調和させるのか。大変ですが、そこが楽しいところでもあります。また、他者と、そして異なる楽器同士だからこそ生まれる、小さな魔法。お料理もいろいろなお出汁、素材、調味料が不思議な魔法を起こして、複雑で、でも何故か溶け合った、新しい旨味が生まれます。色も、赤と青を混ぜれば紫になり。赤でもどんな赤を混ぜるのか、水で溶いたようき薄いのか、白が混じったピンクよりの赤なのかによって、青との融合は変化します。音楽も同じ。様々な楽器やメロディ、個性の融合で、一つの素材とはまた違った、特別な「味」となります。それこそが、大変な魅力です。皆さんも、是非、オーケストラや室内楽、合唱など、様々な楽器のアンサンブルの演奏を、是非聴きに出かけてみてくださいね。画像の下部は、ヴァイオリンの発表会の伴奏をさせてもらった時の、小さなヴァイオリニスト達の楽器です。ヴァイオリンは身体に合わせて楽器の大きさも替えていきます。同じヴァイオリンという楽器でも、大きさが違うのがわかりますか?(*゚▽゚*)ピアノは残念ながら持ち歩く事は出来ないので、そこの会場にあるピアノの特性を瞬時に判断し、弾かなければなりません(>_<)が、ヴァイオリンは自分の楽器で演奏できます。ですが…!温度管理など大変気を遣わなければなりませんので、それはそれでとても大変です…(*´Д`*)とはいえ、ヴァイオリンはピアノのように簡単に音が出ないので、「音」というものについてより耳も敏感に、感性が磨かれます。また、子どもの頃から自分の楽器に愛着を持ち、大切に扱う様子に、音楽への愛情を感じますし、日々を大切にしているようで…。大変魅力的です。MY 楽器、憧れます…!!