暗譜が得意になる?!五感と音楽の関係?!


まずは以下の画像をご覧ください ♪ ⇩⇩


様々な画像から何を感じましたか?

たくさんの色彩、冷たい、ジリジリ焼けるような暑さ、寒い、いい匂い、森の匂い、海の香り、

甘い、酸っぱい、溶けるアイス、とろんとしたクリーム、枯葉のカサカサした音、

木の幹のザラザラ、岩のボコボコ、さらさらした砂、鳥の声、虫の声、波の音、風の音、

つるつるした繊細な花びら、カサカサした触り心地の枯葉、雨の音、春の暖かい・・・


これらの感覚は、《五感》といい、「触覚」「聴覚」「視覚」「臭覚」「味覚」

これらは全て音楽の中で描かれている事なのです。音楽の中には五感を感じ取れます。


スマホやPCで世界中を旅行した気になったり、手軽に、時間をかけずに、疑似体験出来て、

それで満足したりします。

近所でもいいです、10分でもいいので、自然の中を散歩してみてください。

是非、五感をフル活用して、見て、触って、聞いて、匂って、味わってみてください。

車の過ぎ去る音、人々の声、その中に小さな生き物、小さなお花、枯葉、

ひっそりと共存していませんか。

ポイントは、《意識的にする》ということです。

現代に生きる皆様は忙しすぎて、便利になりすぎて、五感に鈍感になっています。

私もです。

芳香剤、柔軟剤、食品添加物、造花、PC、TV、たくさん便利なことがあって、

もちろん私も活用しています。無意識に慣れてしまっています。

だからこそ、「意識的に」感じてみてください。


もう一つのポイント、《ゆっくり》です。

毎日の食卓に上るおかず、一つ一つ、《ゆっくり》味わってみてください。

作ってくださっている方への感謝、季節の味、自然の恵を感じるはずです。

せっかくどこかへ出かけても、行ったことに満足せず、《意識的に》《ゆっくり》

五感を使ってみてください。

それが本当の癒しになり、記憶にも残ります。


噛まずに一気にケーキを丸のみしたとします。

ゴクンと飲み込んで、ケーキのいちご、クリームの甘さ、とろけるような舌触り、

甘さと対照的なオレンジの酸味、ザラザラしたクッキー生地、チョコの味、

スポンジのふわふわ、丸のみでわかりますか??

それでは、味がわかるはずありません。

パティシエの方が可哀想です😭


イメージがなければ、絵を描けますか?

イメージがなければ、粘土でキリンを作れますか?

ゆっくり、味わう生活をしていなくて、景色、味、本当に覚えていますか?


たまにでいいのです。

意識的に、五感を研ぎ澄ませる生活をしていると、ここにこんなものあったっけ?

新しい発見がふと、あるはずです。


《ゆっくり》《味わう》それが「おいしかった!!」と記憶に残るのです。


作曲家が泣いてますよ😢 丸飲みしては。。。

音楽をする上で、非常に大切なことです。

何の楽器でも、上達間違いなしです😄


もっと言うと・・・それができれば、暗譜で苦しむということはなくなりますよ ♪ 



Piano School Luonto

はじめまして。いつもありがとうございます。岡山市中区 Piano school Luonto です。 Luonto(ルオント)とは、自然を表します。音楽は自然の中から、生まれました。 そして、私達は自然と共存しています。音楽も自然の中に溶け込むように、描かれています。 皆様の生活に、自然に、ピアノの音色が溶け込みますように。

0コメント

  • 1000 / 1000