フジ子・ヘミングさんと東京カンパネラ

合唱をしている高校生の生徒さん。
全国大会に出場され、銀賞という素晴らしい成績を報告してくれました。
本当におめでとう!!

東京芸術劇場のホールでの響きが素晴らしくて、うたいながら泣きそうになったと話してくれて、

そんな素晴らしい感性を持つ彼女に嬉しくなりました。


そして、わざわざ東京土産まで…♡

『東京カンパネラ』


私は初めてなのですが、結構有名なんですね!

え?遅いのですか?

「東京ばな奈」くらい定番のお土産なのですか?

私が知らないだけでしょうか…?(・Д・)

それはいいとして…

箱の中に素敵な絵が描かれた紙が…
なんとこのお花の絵は、世界を舞台に活躍するピアニスト、フジ子・ヘミングさんが

この「東京カンパネラ」の為に描いてくださった作品だそう。


そして、『東京カンパネラ』の名前の由来。

カンパネラとはイタリア語で「鐘」のこと。

フジ子・ヘミングさんの演奏、「ラ・カンパネラ」にちなんで名付けられ、

鐘の音のように、こころに響く贈り物になりますように、との願いが込められているそうです。

ピアノにちなんだお菓子なんて、なんて粋なお土産なんでしょう(*'∀'人)

高校生の彼女は知っててくれたのか?
知らずにくれたのか?

今度のレッスンで聞いてみよう。

せっかくのピアノにちなんだお菓子♡なので、
大人の生徒さんと頂きたいと思います(^人^)

大人の生徒さん、もしレッスン後にお時間ありましたら、
私と、東京カンパネラと、
お茶してください(人'▽`)



Piano School Luonto

はじめまして。いつもありがとうございます。岡山市中区 Piano school Luonto です。 Luonto(ルオント)とは、自然を表します。音楽は自然の中から、生まれました。 そして、私達は自然と共存しています。音楽も自然の中に溶け込むように、描かれています。 皆様の生活に、自然に、ピアノの音色が溶け込みますように。

0コメント

  • 1000 / 1000