クラリネットコンクールの伴奏in大阪

友人の先生のご紹介で伴奏のご依頼があり、クラリネットのコンクールの伴奏へ行って来ました。

海外で家族と暮らしているとても若い彼女は、夏の間だけ日本に滞在しているそうで、
日本でのコンクールは初めての挑戦だそう。

クラリネットはピアノの音でいう「ド」の音が「シ♭」になります。

クラリネットの楽譜でドと書いてあるものが、私の耳にはシ♭に聴こえるので、
久々のクラリネットの伴奏、最初は慣れるまで戸惑いましたが、(^^;)
合わせるうちにすっかり慣れ、
楽しく合わせ、本番出来ました。

予選ではボザのイタリア幻想曲、
次の大会へ進めたので、
本選ではウェーバーのクラリネット小協奏曲。
どちらも大変面白い曲でした。

私の子どもの頃からの友人、
彼女はヴォイストレーナーであり声楽家ですが、
ご主人も世界で活躍するクラリネット奏者で、
大好きな、素敵なご夫婦です。
日本に帰って来た時は、よく遊びに行ったり、
勉強させてもらいにお邪魔しています(´∀`*)

普段はヨーロッパにいる彼女達ですが、
よく連絡を取っていて、
音楽の話をしたり、
刺激をもらったり、アドバイスをもらったりして、いつも助けられています。

今回の伴奏の件で、合わせの音源を送ったところ、また若く可愛いクラリネットの彼女にもアドバイスをくれました。

一回しか録音していなかったので、いろいろ粗が目立ったと思うのですが、
彼らは当然プロですので、
取り繕って良いと思われる音源を送ったところで、いろいろ見抜かれるだろうことは予想できたので、
恥を忍んで、1回こっきりの音源を送りましたが(^^;)、
私にも思わぬお褒めの言葉をもらい、
大変恐縮しました。

自惚れるということではなく、
へぇー、そういう風に聴こえるんだ、
そう伝わるんだね、
とちょっと新鮮でした。

自分のこと、なかなか欠点しか見えませんが、笑笑、
自分なりに取り組んで来たこと、
良さを発見してもらえて、
これから自分のできること、
少し見つめ直してみようかなという気になりました。

感謝感謝です。

人間的にも尊敬でき、信頼出来る人、
温かい人からのアドバイスというものは、

本当に励みになります。

どのようなアドバイスかも大事ですが、

結局、人と人。

素晴らしい人と出会いが、良い影響を受け、
その輪が広がります。

私も彼らにはまだまだ遠く及びませんが、

私が信頼できる彼らに励まされているように、

私もそのような人になりたいなぁと、

密かに思っています。

私は周りの人に本当に恵まれているなぁといつも思います。

ですから、皆さんも間接的に素晴らしい人達、音楽家が周りにいるということ♪

そんな皆さんは素晴らしい幸運の持ち主に違いありません、きっと♪


イリアン・イリエブ
私のことも気にかけてくれる、
温かい、素晴らしいクラリネット奏者です。
このウェーバーの曲を先日のコンクールで演奏しました。
オーケストラと彼の演奏をお聴きください。

生き生きとしていて、キラキラしていて、生命力のある深い深い音色、そして最高にスリリング!

素晴らしい!素晴らしいです!


イリヤン・イリエブ(ILIAN ILIEV)/ クラリネット 
 ソリストとして活躍する一方、室 内楽奏者としても、ヨーロッパ、アメリカなど各地で演奏活動を展開。 アリスタリーホール(リンカーンセンター、ニューヨーク)、マーキンコンサートホール(リンカーンセン ター、ニューヨーク)、トロイミュージックホール(アルバニー、ニューヨーク)、シカゴカルチャーセン ター(シカゴ)、キャピタルヒル(ワシントン)などで演奏する。 ソリストとして、ニューヨーク・ジュピター交響楽団、リリックオーケストラ(ニューヨーク)、サンディ エゴ交響楽団(カリフォルニア)、サン・アントニオ交響楽団(テキサス)、アーカンソー交響楽団、ハド ンフィールド交響楽団(ニュージャージー)、ソフィアフィルハーモニック(ブルガリア)など世界各地の オーケストラと共演。また、首席クラリネット奏者として、フロリダグランドオペラに在籍(2012-2 014)。 指揮者では、クルト・マズア、ジェームス・レヴァイン、アラン・ギルバート、ロッセン・ミラノフ、ポー ル・ハース等と、またメゾソプラノのフレデリカ・フォン・シュターデ、器楽奏者では、ハービー・マン、 ルース・ラレード、テオドッシ・スパソフ等と共演。 
 イリエブ氏の活動はクラッシックのみならず、スピーディーな超絶技巧、特徴的なリズム、スウィング・ ジャズにみられる即興演奏など、様々な要素を併せ持つ東欧音楽の分野においても知られている。 
セルマー(パリ)、コン・セルマー(アメリカ)公認アーティスト。 
 ソフィア国立音楽大学卒業。マネス音楽院、修士課程修了。ジュリアード音楽院、プロフェッショナルス タディーズ、ディプロマ取得。 


 ”真に偉大であるということは極めて稀であるが、イリエブ氏はその偉大さを十分に兼ね備えてい る。” 

ーーージェンス・ニガード(Jens Nygaard)、ニューヨーク・ジュピター交響楽団指揮者


 “音楽的技術や才能、プロフェッショナルな姿勢において、イリエヴ氏は私が今まで出会った中で、

最も素晴らしい音楽家の ひとりである。” 

ーーーアラン・ギルバート(Alan Gilbert)、ニューヨーク・フィルハーモニック指揮者、 音楽監督 



おまけ。


私を潤す絶品、美味なものたち。
(そうやって太っていくのだぞ)

いつもお気遣いありがとうございます(*´ー`*)

Piano School Luonto

はじめまして。いつもありがとうございます。岡山市中区 Piano school Luonto です。 Luonto(ルオント)とは、自然を表します。音楽は自然の中から、生まれました。 そして、私達は自然と共存しています。音楽も自然の中に溶け込むように、描かれています。 皆様の生活に、自然に、ピアノの音色が溶け込みますように。

0コメント

  • 1000 / 1000