講師紹介

岡山県出身。三歳よりピアノを始める。


岡山城東高校音楽系卒業、くらしき作陽大学 音楽学部音楽学科卒業。


中学校教諭一種免許状(音楽)、高等学校教諭一種免許状(音楽)取得。


第30回山陽学生音楽コンクール第三位。 


作陽クラング演奏会にて二台ピアノで多数出演。


全日本合唱コンクールの全国大会ピアニストとしても出場。 

 
ピアノトリオでヴァイオリニスト漆原啓子のレッスンを受ける。


丸山桂介のバッハ講座、ベートーヴェン講座を受講。


時代や文化と音楽の 結びつき、様々な視点から音楽を紐解き、楽譜の分析などを勉強。


ピアノを芦田田鶴子、長山いづみ、和声学を米倉由起に師事。


ピアノトリオ、フルート、ヴァイオリンや合唱の伴奏などピアニストとしても活動。


長年勤めた大手楽器店講師を退職し、

Piano School Luontoを主宰。


小さな子から大人の趣味の方、音楽高校、音大受験生、プロの音楽家まで、

幅広く感性豊かな音楽家を育てている。


世界的ヴォイストレーナーであり世界でも稀有なメゾソプラノ、幼馴染でもある伊達路子と再会。


彼女の紹介で、世界的音楽指導者、イリアン・イリエヴ氏に出会う。


身体の使い方、呼吸、思考、音楽解釈をトータルコーディネーションする指導法に感銘を受け、

イリアン氏の指導を受けながら、

イリアン、伊達路子のミュージックアカデミー岡山のインスペクター、またソルフェージュ講師を務める。

今までに出会った生徒さんは100人以上・・・!!

音楽を通して学び、成長を目の当たりにし、日々感動、元気を頂いております😊


🍀 好きな言葉

「さあ、世の中へ出てミステイクをやってきたまえ!

 でも、それでいいんだ。君のミスだからさ。

 君自身のミスでなければならない。

 君の音楽で何かを言ってきたまえ。 

 何でもいいのさ、〝これが君だ〟という何かをね... 」       

                                                                                  ウラディミール・ホロヴィッツが弟子に贈った言葉

「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです」 

                                                                                                                      マザー・テレサ


「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えない。かんじんなことは、目に見えないんだよ」

                             サン・テグジュペリ


♪  発表会デビューのときの私 ♪