ピアノ演奏で最も重要なこととは?

こんなことわざがあります。
「木の長きを求むる者は必ず根本を固くす」
気が大きく育つのを望む者は、その根本をしっかり固めるという意味から” 大きな発展を願う者は、基礎をしっかり固めなければならない”というたとえです。


「砂上の楼閣(さじょうのろうかく)」
見かけはりっぱであるが、基礎がしっかりしていないために長く維持できない物事のたとえ。
砂の上に建てられた高層の建物は、基礎がしっかりしていないために、崩れやすいように、基礎がしっかりしていないと実現不可能になるほど、基礎は大切という意味です。

あなたの考える、音楽の基礎ってなんだろう?

リズムが感じられること、楽譜が読めること、楽器を演奏するテクニック。
まだまだたくさんありますね。

『音楽』とは。

どんな楽器であっても、
音楽は、『音』を楽しむ。
音を聴いて、音を奏でる。
もっとも基本的な、音、そのもの。

良い音、心を掴む音、とはなんだろう?


例えば、お料理で切り方にばらつきがあったとしても、

丁寧にお出汁をとって作った煮物は、
繊細で、バランスも良く、
きっと、素材を生かした味になるだろう。

良い音楽を作る前に、
素材である「音」が、
丁寧で、美しくなければ、
美味しい、音楽にならないですね(^_-)

素肌か綺麗であれば、
お化粧塗りたくらなくたって良い!(汗。笑)

お砂糖とお塩を間違えたら…!
ケーキのデコレーションがどんなに綺麗でも、意味がない( ; _ ; )


つまり、表現力を磨く、
というのは意味がないことであり、
まず「音」ありきなのです。

表現力は、基礎力や楽譜を読解し分析の上に成り立つもの。

スカスカのすごく小さなかすれ声で、
すごく表現力のある歌手です、
と言われても、グッとこないですよね…(^^;;


アレクサンダーテクニークを取り入れたレッスンで、
音そのものを美しく、人の心を掴む音へと導きます。

同時に、もう一つの要素、
メンタルへのアクセスも非常に重要です。

間違えたくない、そんな気持ち誰しもありますよね。
でもそのままでは良い音、良い音楽からは
ほど遠くなってしまいます。

間違えたからダメだった、
→間違えても良いじゃない(^_-) 
    それよりも大切なことは…?

アレクサンダーテクニークの概念を取り入れ、より自分を自由で、解放する方向へと
精神(心)も丁寧に導きますので、
あがり症の緩和、緊張が良い集中へ。

結果、良い音、音楽へと繋がります。


ルオントが目指す音楽は、
音楽の命である『音』そのものの素材を大切にしながら、
リズム感、ハーモニーを感じる心、楽譜を読み解く力など、
バランス良く取り入れることを目指しています♪

柿はそのまま頂いても美味しいのですが、
サラダで食べるのが好きです。
クリームチーズとお塩、オイルで絶品!
バターやはちみつのようなコクがあって美味しい。
騙されたと思ってやってみてください(*'∀'人)
ルッコラやキャベツなど合わせても。

Piano School Luonto

はじめまして。いつもありがとうございます。岡山市中区 Piano school Luonto です。 Luonto(ルオント)とは、自然を表します。音楽は自然の中から、生まれました。 そして、私達は自然と共存しています。音楽も自然の中に溶け込むように、描かれています。 皆様の生活に、自然に、ピアノの音色が溶け込みますように。

0コメント

  • 1000 / 1000